Braille Pen

Stationary, Works

2016

このペンは修正液のように、ペンの先を押すと速乾性の樹脂が押し出され、手触りの凸部分を書くことができます。モノには独特の手触りがあり、ざらざら・つるつる・さらさらなどの表現では表せないほどの触覚・手触りがあります。それを記憶だけではなく、記録として自分の手で残すことができないかと考えました。点字を書く道具からヒントを得、目の不自由な方の暮らし方について考え直すことから始めました。手触りや小さな差異を大事にしているような人が使い手になります。その人の生き方、暮らし方は些細な違いや思いを形として捉えられような生き方だと思います。またこのペンを使うことで、目の不自由な人たちの生活も更に豊かにすることができると考えています。

Braille Pen is like this correction pen. You can write convex part of the touch by pushing quick-drying resin out from the tip of the pen. Objects have sensations by expressions such as rough, slippery, and soothing. This could leave these sensations with my own hands as a record. I got a hint from a braille writing tool and started by thinking about the way people living with handicapped people live. I believe that it make can further enrich the lives of blind people by using this pen.

自主制作 / Self Study
KOKUYO DESIGN AWARD 2016