Toyama Bosai Project

Bosai, Crafts, Works

2019

富山売薬式 防災プロジェクト。富山の売薬の「行商」や「先用後利」を編みなおした、防災意識を広げるプロジェクト。世論調査によると水や食料を備えている人は、たった46%。いつ災害が起こるかわからないからこそ、備え続けることが大切。このプロジェクトは半年ごとに行商人が訪問し、防災用品を定期的に交換する。それにより、保管場所も防災のことも忘れずにいられる。防災ボックスには富山県産の杉を使用しており、普段はスツールとしても使える。災害時に命を助け、安心して日常を暮らすためのプロジェクト。

A project to expand disaster prevention by reorganizing Toyama’s drugs. According to polls, only 46% of people have water and food. It is important to keep preparing because we do not know when a disaster will occur. This project is visited every six months by pedestrians and regularly exchanges emergency supplies. As a result, the storage location and disaster prevention can be remembered. The emergency box uses cedars from Toyama Prefecture and can be used as a stool. A project to save lives in the event of a disaster and to live with peace of mind.

Compe : 富山デザインコンペティション2019 準グランプリ
Produce : 石巻工房

 

Hotaru Kumihimo

Bosai, Crafts, Works

2019

伝統を纏う防災用品「蛍組紐 お守りブレスレット」を、組紐の老舗工房である龍工房と共に開発した。この蛍組紐には蓄光撚糸(ちくこうねんし)が組み込んであり、太陽や蛍光灯の光に当てることで蓄光し、夜や暗所で蛍のように優しくぼんやり光ります。この蓄光効果によって居場所を確認でき、夜間災害の際にも役立ちます。組柄には、由緒正しい角打ちの紐「中尊寺組」の流れを汲む、角源氏が用いられています。

A new kumihimo bracelet with phosphorescent function has been published! I’ve collaborated with a kumihimo craftsman, Ryukobo.

Client : 株式会社 龍工房(組紐職人)