CLIPPENCIL MAN

Stationary, Works

2017

CLIPPENCIL MANとは、楽しい気持ちになるクリップペンシルです。講演会やイベントなどでアンケートの際に使われるクリップペンシルですが、以前から同じカタチで変わっていません。アンケート記入は事務作業で退屈に感じる事が多いです。クリップを人の形状にすることで、アンケート記入を楽しい気持ちをしたいと考えました。内容に合わせた、様々なCLIPPENCIL MANが登場することを想定しています。退屈な作業がちょっと楽しくなる、クリップペンシルです。

CLIPPENCIL MAN is  a clip pencil to feel fun. It is a clip pencil used for questionnaires at lectures and events, but it has not changed since the same former before. The questionnaire filling is often boring in office work. I thought that filling in the questionnaire would make user feel fun by making the clip into the shape of a person. Various CLIPPENCIL MANs are supposed to appear in accordance with the contents. It is a clip pencil that makes the boring work a little fun.

自主制作 / Self Study
KOKUYO DESIGN AWARD 2017

Glue Glass

Stationary, Works

2017

Glue Glassとは、時間を感じることができる、砂時計の形をした液体のりです。のりがゆっくり流れていくのを眺めていた、幼い頃の思い出からデザインしました。容器にくぼみをつけることで「時間」という概念を与え、液体のりに新しい使い方を生み出します。ゆっくり流れを眺めることで癒しを感じることもできます。時間が流れることに楽しみを教えてくれる、新しい液体のりのカタチです。

Glue Glass is a liquid glue in the form of hourglass to feel time. I looked at the glue flowing slowly, designed it from my childhood memories. By giving a hollow to the container, I gave the concept of “time” and create a new way of using liquid glue. User can also feel healing by slowly watching the flow. Thus, this is a form of a new liquid glue that teaches us the time to flow.

自主制作 / Self Study
KOKUYO DESIGN AWARD 2017

 

UELL PEN

Stationary, Works

2016

UELL PENとは自然を身近に感じることができる、植えるペンです。ペンとして使用後に、そのまま地面に突き刺すことで植物を育成することができます。またペンとして使用しながら植物を育成することも可能になり、使っていない時はそのまま観葉植物として飾っておくこともできます。使い手は自然を感じたいけれども、感じることができない環境に置かれているひとです。その方たちにこのペンを使ってもらうことで、日々の暮らしに癒しを与えます。

UELL PEN is a planting pen that can feel nature closely. After using it as a pen, you can cultivate plants by sticking to the ground as it is. You can also grow plants while using them as pens, and you can decorate them as plants as they are when you are not using them. Although the user wants to feel nature, the person who is put in an environment which can not be felt. By having those people use this pen, I will heal every day life.

自主制作 / Self Study
KOKUYO DESIGN AWARD 2016

 

Co-Eraser

Stationary, Works

2016

Co-Eraserとは、繋げて遊べる消しゴムです。この消しゴムをジョイントとし、鉛筆などをつなげていくことで立体物や幾何学図形を作り出すことができます。自分で組み立てることで、楽しく遊びながら構造やクリエイティビティを学ぶことができます。この消しゴムだけで文房具たちが創作の道具生まれ変わるので、日々の暮らすの中で遊ぶことが好きな知的好奇心の強い人が使い手になります。その人は楽しみながら、普段の何気ない暮らしを過ごしていると思います。

Co-Eraser is an eraser that can be connected and played. You can create three-dimensional objects and geometric figures by connecting pencils with this eraser as a joint.  You can also learn structure and creativity while playing happily by constructing. Since this eraser only the stationery is reborn as a tool of creation, user with intellectual curiosity who likes to play in everyday life becomes a user. User could enjoy playing this eraser in a normal casual life. 

自主制作 / Self Study
KOKUYO DESIGN AWARD 2016

 

 

Braille Pen

Stationary, Works

2016

このペンは修正液のように、ペンの先を押すと速乾性の樹脂が押し出され、手触りの凸部分を書くことができます。モノには独特の手触りがあり、ざらざら・つるつる・さらさらなどの表現では表せないほどの触覚・手触りがあります。それを記憶だけではなく、記録として自分の手で残すことができないかと考えました。点字を書く道具からヒントを得、目の不自由な方の暮らし方について考え直すことから始めました。手触りや小さな差異を大事にしているような人が使い手になります。その人の生き方、暮らし方は些細な違いや思いを形として捉えられような生き方だと思います。またこのペンを使うことで、目の不自由な人たちの生活も更に豊かにすることができると考えています。

Braille Pen is like this correction pen. You can write convex part of the touch by pushing quick-drying resin out from the tip of the pen. Objects have sensations by expressions such as rough, slippery, and soothing. This could leave these sensations with my own hands as a record. I got a hint from a braille writing tool and started by thinking about the way people living with handicapped people live. I believe that it make can further enrich the lives of blind people by using this pen.

自主制作 / Self Study
KOKUYO DESIGN AWARD 2016

 

SPHERE

Stationary, Works

2016

SPHEREとは発想を豊かにするホワイトボードです。通常のホワイトボードやノートでは限られた2次元でしか描けませんが、これは平面から3次元に進化したホワイトボードです。しかし、この3次元化したホワイトボードでは、今まで書くことのできなかった絵や図を書くことができるようになります。つまり、このSPHEREを使うことで、今までは繋がりそうになかったものが結びつき、新しいアイデアを生むきっかけになります。

SPHERE is a white board that enriches the idea. In ordinary whiteboards and notes, it can only be written in limited two dimensions, but this is a white board evolved from plane to three dimensions. This three-dimensional whiteboard can write pictures and diagrams that I could not write until now. In other words, it will trigger new ideas by using this whiteboard to connect various things which never have connected before.

自主制作 / Self Study
Wemake / コクヨ株式会社

 

 

TOKUPEN

Stationary, Works

2015

TOKUPENとは、10コの機能を持つツールペンです。あなた自身が使いたい「道具」のデザインという課題の元、ペンをベースに自分自身がよく使う10種類の道具をTOKUPENに組み込みました。日常の作業で使うツールを結集した道具なので、日常生活ではもちろん、緊急用・アウトドア用としても活躍できます。よく見かける10徳ツールナイフは携帯性に欠け、デザイン的にもごつごつしたものが多いです。そこで缶切りや栓抜きなど日常的には不必要なものを取り除き、現行のツールナイフに代わるスタイリッシュかつシンプルなツールペンをデザインしようと考えました。

TOKUPEN is a tool pen with 10 functions. I incorporated 10 types of tools that I often use in TOKUPEN Based on the task of designing “tools” I want to use. It is a tool that combines the tools used in daily work, so it can also be used for daily life as well as emergency and outdoor use. A current tool knife lacks portability and stylish, so the design has a stylish and simple body to use on a daily basis.

自主制作 / Self Study
Wemakeと共同で開発 / Collaborate with Wemake