Fuji Stool

Furniture, Works

2015

Fuji Stoolとは、富士山からヒントを得たシンプルなスツールです。素材や製造方法から考えた持続開発可能なデザインというテーマのもと、MAPKAという材料を使ったスツールをデザインしました。MAPKAとは紙をリサイクルし、プラスチックの代替品として再利用することができるエコ素材のことです。持続開発可能なデザインということで、日本人の最もなじみがある富士山からヒントもらい形状や色を選定しました。スタッキングすることで、使わない時は場所を取らずに収納することができるようになっています。またスタッキングしたときも、形状と青と白の配色が美しく見えるように仕上げました。高さが377.6mmになっており、富士山の一万分の一スケールモデルになっています。火山口の部分がハンドルになっており、手に丁度良く収まるようになっております。座面部分もなだらかに凹みを付け、座りやすくなっています。

This is a simple stool inspired from a famous Japanese mountain, Mt. Fujiyama. The stool is made from MAPKA materials. The stools can be stacked on the same place. The height of the stool is 377.6 millimeter high to reflect Mt. Fuji’s height of 3,776 meters. From my research based on agronomics, the center hole on the top is 70 mm in diameter to hold and to carry it easy. The top of the seat is slightly indented along a hip. There’re the large kindness for sitting on this with just a little indentation. This indented form would provide comfort to user. I adjusted the ratio of white and blue colors in order to look beautiful when user sits on it and they stack it on the same place. Thus, the beautiful ratio between the two colors was one-to-two. The Mt Fuji Stool can be recyclable and renewable, so the sustainable design is able to last over the 100 years. The project will contribute to a sustainable society.

Client : Green Furniture 2015