星空の根来塗り

Consumer Product, Works

2018

根来塗の特徴である頑丈さや、使うごとに変化していく美しい経年経過を活かしつつ、地域性を汲み取ったコンセプトをもつ食器。道の駅ねごろ歴史の丘のカフェでお客様にお出しするための食器なので、この地域の魅力や雰囲気が伝わるものをデザインするところから始めました。そこで、この道の駅のコンセプトである根来寺や大塔の特徴に注目し、取り入れることで地域性が生まれると考えました。この大塔は初層の平面が方形、上層が円形で作られています。そしてこの大塔の特徴を活かし器とカップの底面が方形に、上面が円形にすることで、シンプルで地域性のある美しい食器に仕上がりました。さらに、本来は根来塗とは黒漆による下塗りに朱漆塗りを施しますが、本提案は白漆による下塗りに黒漆塗りを施します。それにより使うたびに表面に塗られた黒漆がすり減り、下地に塗られた白漆が模様のように現れます。そして根来寺で行われている星まつりを表現する、真っ暗な夜空に輝く星が見えるようなデザインになりました。

Dishes that combine the features of Negori painting and the main tower of Negoroji are our proposal. First of all, it was about the dishes we serve at the cafe of hill of historical hill of the Road Station, so I began with designing things that convey the charm and atmosphere of this area. Therefore, attention was paid to Negoro Temple which is the concept of the station on this road and thought that regionality is born by incorporating the characteristics of the National Treasures and the Great Tower. This large tower called “multi treasure tower” is a double-storied tower, with the first layer’s plane being square and the upper layer circular. And utilizing the features of this large tower, the bottom of the cup and square of the cup for roll cake etc. is square (square), the top is circular. As a result, a simple and beautiful design was born, finished in dishes with regional characteristics. 

Client : 一般社団法人紀州文芸振興協会、道の駅 ねごろ歴史の丘