PAPOT

Lighting Product, Works

2016

PAPOTとは、観葉植物のように見える紙製のテーブルランプです。イタリアにあるレストランの、ランチとディナーの両方を考慮した照明をデザインするという課題の元、この照明デザインに取り組んだ。このデザインは昼間は観葉植物のように見えるように設計し、夜間は照明で癒しを感じてもらえるようにしました。紙でできた葉が光を優しく拡散するので間接照明として使用することができます。この紙の葉は芯の部分に造花用のワイヤーを使っているので、手で簡単に変形させ様々な形を楽しむことができます。また変形させることで光量や雰囲気を変えることができます。

This is a table lamp made from a paper. Design Brief  is to design lighting product or design interior for a restaurant in Milano at night time and daytime both. When you use it in the dark, it would shine softly by paper leafs with reflection of light. The design looks like an ornamental glass, and you can customize the form you want. The table lamp are inspirited by ornamental grasses or other plant in order to be felt more nature and real. The table should be used in paper material in order to feel more nature and real. A paper is good with a lighting product for the restaurant because it reflects the light gently and lightweight. 

Client :  Cucina dei Frigoriferi Milanesi (イタリア・ミラノにあるレストラン)