Porcelain Spin

Consumer Product, Top, Works

2018

陶磁器の産地である肥前吉田焼の窯元と共同で開発した磁器製の独楽。吉田焼の特徴の一つである「搔き落とし」という伝統技術を活用することで、美しいデザインと磁器ならではの質感をもつ独楽が完成した。掻き落としとは水玉柄を描き出す吉田焼特有の技法で、ドリル状の器具を使い、職人が色化粧土からひとつひとつの丸を掻き落とす。この「掻き落とし」という技法を用いて、美しい水玉柄や様々な模様を独楽につける。そして、この独楽は回転する時に凹凸に光が反射することによって、光の輪が浮いてくる美しい現象が見られる。またこの独楽をお茶の急須や湯呑のフタとして使うことで、お茶を蒸らす時間を楽しみながら待つことができる。

This is a porcelain spin made by the traditional techniques of Kakiotoshi, Yoshida-yaki. Kakiotoshi is a technique unique to draw polka dot. It makes the spin beautiful design and texture unique. The craftmen scrape off a single circle from the color soil using a drill. This technique of “Kakiotoshi” is used to put beautiful polka-dot patterns on the spin. The spin can enjoy a different pattern from the stationary state by spining. You can enjoy this time to steam tea as a lid of a teapot.

Client :  有限会社副千製陶所肥前吉田焼デザインスクール 2017 最優秀賞