Porcelain Spin

Works, 地場産業

2018

美しい水玉柄や模様を施した、磁器のひねりゴマ。吉田焼の特徴の一つである「搔き落とし」という伝統技術によって、一つ一つ手彫りで模様を付けていく。それにより、このコマは回転すると凹凸に光が反射し、美しい光の輪が浮いてくる。子供でも気軽に遊べるように、良く回る手ひねりのコマにした。急須や湯呑のフタとしても使え、お茶を蒸らす待ち時間などに回して楽しめる。磁器の素材感や造形を追求し、インテリアとしても映えるように設計。

This is a porcelain spin made by the traditional techniques of Kakiotoshi, Yoshida-yaki. Kakiotoshi is a technique unique to draw polka dot. It makes the spin beautiful design and texture unique. The craftmen scrape off a single circle from the color soil using a drill. This technique of “Kakiotoshi” is used to put beautiful polka-dot patterns on the spin. The spin can enjoy a different pattern from the stationary state by spining. You can enjoy this time to steam tea as a lid of a teapot.

Produce : 有限会社副千製陶所