SHAMIDAMA

2019

三味線の天神を模した、楽器のような「けん玉」。一本の荒木から全て手作りの工程で作り上げる三味線製作の技術をけん玉に用いた。けん玉は遊んでいるときに、心地よい音とリズムを奏でる。そこに三味線との共通点を見い出し、楽器のようなけん玉をデザインした。頑丈で色艶が良い三味線の材木を使用しているので、遊んでいると良い音を響かせる。

This kendama is a musical instrument that resembles a shamisen’s tenjin. The technique of shamisen making, which is an entirely handmade process from a single piece of rough wood, is used for the kendama. The kendama produces a pleasant sound and rhythm when played. This is the reason why we designed the kendama like a musical instrument. The wood used for the kendama is made from the sturdy and shiny wood of the shamisen, so it makes a nice sound when played.

Client : 三絃司きくおか
Award : 平成30年度 東京手仕事プロジェクト 入選