PIAXSARY

Consumer Product, Works

2017

PIAXSARYは本物の植物を塗装し、宝石のような輝きを閉じこめたアクセサリー。現在アクセサリーの素材としては鉱物・金属が多く使われているが、元来アクセサリーは花や木の実を組み合わせて作られていた。腐ってしまうなどの理由のため、今では本物の植物が使われているものをあまり見ることはない。そこで劣化させず深みが増すピアノ塗装技術「ピアックスボード」の技術を使うことで、本物の植物のもつ美しさをさらに引き出すことができるアクセサリーをデザインした。自然を着飾るアクセサリー、それがPIAXSARY

This is an accessory “PIAXSARY” making use of the piano painting technique “PIAX” which locks the real thing. This PIAXSARY is an accessory painted genuine plants and confined the gem-like shine. Currently accessories are made of minerals and metals, but originally accessories were made by combining flowers and nuts. For reasons such as getting rotten, we do not see much what the real plants are used now. However, I thought that the beauty that the real flowers and leaves have is not defeated by minerals and metals. I designed the accessory which can further draw out the beauty of the real plant by using the technology of “Piax board” which does not deteriorate and increases in depth. PIAXSARY, accessories that dress nature.

Client : 株式会社ピアックス

Photonic Band

Consumer Product, Works

2017

変形すると色が変わるナノテク素材「フォトニックラバー」を活用した、ラバーバンド。この素材は引っ張ったり圧縮したりして変形させると、ナノレベルで粒子間隔が変わり、反射光の波長がシフトすることで色が変わる。この素材を最大限活用するために、宝石のカタチからヒントを得て新しい体験ができるラバーバンドをデザインした。宝石はカットの仕方により輝きが変化しますが、このラバーバンドは自らを変形させることで輝きが変わる。

This is a rubberband utilizing nanotech material “Photonic Rubber” which changes color when deformed. When it is deformed by pulling or compressing, the particle spacing changes at the nano level, and the color changes by shifting the wavelength of reflected light. In order to make full use of this material, I designed a rubberband that can experience new value by getting a hint from a gemstone shape. The gem changes its radiance depending on how it is cut, but this rubberband changes its radiance by deforming itself.

Client : ソフトフォトニクス合同会社

 

Nest Cards

Kitchen Product, Works

2016

ベビーフードだけでなく、大人の食べ物にも使えるカード型おろし器。カードの形をしていることで手にしっかりフィットし、食べ物を削りやすくなっている。また、収納をしやすいように非常にコンパクトになっており、おろし器を容器にスタッキングできるようになっている。 ベビーフードの調理のために必要な4つの機能を持っており、これらは大人のための料理するために使用することにもできる。

This is a grater which can be used not only for baby food but also for adult food. This is in the form of a card which is a very compact and familiar. This graters have 4 main functions necessary for cooking baby food, and it also can be used for cooking for adults. This grater can be used as a single unit.

自主制作 / Self Study

PAPOT

Lighting Product, Works

2016

PAPOTとは、観葉植物のように見える紙製のテーブルランプです。イタリアにあるレストランの、ランチとディナーの両方を考慮した照明をデザインするという課題の元、この照明デザインに取り組んだ。このデザインは昼間は観葉植物のように見えるように設計し、夜間は照明で癒しを感じてもらえるようにしました。紙でできた葉が光を優しく拡散するので間接照明として使用することができます。この紙の葉は芯の部分に造花用のワイヤーを使っているので、手で簡単に変形させ様々な形を楽しむことができます。また変形させることで光量や雰囲気を変えることができます。

This is a table lamp made from a paper. Design Brief  is to design lighting product or design interior for a restaurant in Milano at night time and daytime both. When you use it in the dark, it would shine softly by paper leafs with reflection of light. The design looks like an ornamental glass, and you can customize the form you want. The table lamp are inspirited by ornamental grasses or other plant in order to be felt more nature and real. The table should be used in paper material in order to feel more nature and real. A paper is good with a lighting product for the restaurant because it reflects the light gently and lightweight. 

Client :  Cucina dei Frigoriferi Milanesi (イタリア・ミラノにあるレストラン)

 

 

 

SPHERE

Stationary, Works

2016

SPHEREとは発想を豊かにするホワイトボードです。通常のホワイトボードやノートでは限られた2次元でしか描けませんが、これは平面から3次元に進化したホワイトボードです。しかし、この3次元化したホワイトボードでは、今まで書くことのできなかった絵や図を書くことができるようになります。つまり、このSPHEREを使うことで、今までは繋がりそうになかったものが結びつき、新しいアイデアを生むきっかけになります。

SPHERE is a white board that enriches the idea. In ordinary whiteboards and notes, it can only be written in limited two dimensions, but this is a white board evolved from plane to three dimensions. This three-dimensional whiteboard can write pictures and diagrams that I could not write until now. In other words, it will trigger new ideas by using this whiteboard to connect various things which never have connected before.

Client : コクヨ株式会社 ( Wemake × 当たり前を更新する文具のデザインコンペ)

Nest Boards

Kitchen Product, Works

2015

Nest Boardsとは、シリコンラバーマグネットという技術を用いた、機能的かつ衛生的なまな板。シリコンラバーマグネットとは磁石全体をシリコンゴムで包み込む技術のことで、すべりにくく、着磁力もアップし、水に濡れてもサビない。同時に、シリコンゴム成形なので複雑で自由な形の磁石も製造可能になる。今まで料理をするときは、肉・魚・野菜・果物全ての食材を一つのまな板で切っており、洗浄が終わるまで食べたい野菜や果物を食べれないという我慢する時間やストレスがあった。しかし使い分けるための復数のまな板を収納するスペースはキッチンにはなく、それを解決するためにこのアイデアが生まれた。ただ重ねただけではまな板は固定されずにし、凹凸のように嵌めこむような機構にすると溝ができ洗いにくく衛生面で心配だった。そこでシリコンラバーマグネットを使うことにより、凹凸なしに固定することが可能になり、今までにない画期的なまな板のデザインができた。

This is a stackable chopping board having a aesthetic form and a integrated function. Though my experience of the kitchen, I’d like to use several chopping board at the same time, but there are no space in my kitchen. The design uses a new technique that a silicon is combined with a magnet, and covering magnet with silicon has several features such as waterproof, non slip without the magnet rusting and breaking. In addition, An essential feature of the our client, Joseph Joseph, is a stackable such as the famous food preparation bowl. The stackable design is important for space-saving and kitchen product because the kitchen space is very limited in general. The 3 main features of the product is below : Firstly, it can be stored a four chopping board sized different on the same space. Secondly, since they are color-coded , it is easy to understand to use them on different situation. Thirdly, it uses an innovative technology, silicon rubber magnet, to combine together, so it does not fall off and non-slip even if upright.

自主制作 / Self Study

 

Stool A

Furniture, Works

2015

STOOL AとはアルファベットのAのカタチをした、洗練した形と機能性を持つスツールです。スペースが限られている場所でも使いやすいスツールをデザインしてほしいという課題の元、このスタッキングのできるスツールをデザインしました。このアルファベットのAという形は、日本だけなく世界でも親しみのある形であることに注目し、スツールに取り入れようと考えました。使用しない時はスタッキングすることで場所を取らずに収納でき、スタッキングした時により美しく見えるように仕上げました。Aの中のホールが持ち手になり、簡単に持ち運びやスタッキングができるようになっています。座面はナイフで切り取ったようなシャープでなだらかな曲面をしており、老若男女が座りやすくなっています。真空製法により中空になっているので、コストが抑えながら、軽やかでなだらかな曲面を実現しました。

This is a simple stackable stool having a sophisticated form and function. The brief mentions that a stool focusing on the space saving which a common constraint is a greater challenge. The product is stackable, so user can store several stools on the same space as one. The name of this product is ‘Stool A’ because one idea which inspired me more to design a stool is ‘A’ letter having common and friendly forms. The form helps to keep simple, and it can be recognized at a glance as a stool. In addition, the gentle curves allows the design to fully ensure strength and to be stackable. The stacking process is really simple, and user don’t need to use tools. 

Dimensions : H 45cm x W 40cm x D 35cm
自主制作 / Self Study

 

Title

 

 

 

Cactus Hanger

Consumer Product, Works

2014

CACTUS HANGERとはサボテンの形をした、靴下のためのハンガーです。今までは洗濯ばさみ等で止めるだけで靴下用のハンガーはなく、靴下を綺麗に収納するための道具もありませんでした。それらを解決するために複数の靴下を干すことができ、そのまま収納することができる靴下用のハンガーをデザインしました。靴下自体を美しく見せるので、家の中のみならず、靴販売店や衣類店、展示会などで使われることも想定しています。組み立て方法は非常に簡単で、どんな道具も必要ありません。全ての部品を外せばコンパクトに収納できるので、運搬・販売のときにも便利です。

This is a modular hanger for socks or shoes. The design allows user to customize the hanger depending on the situation or purpose. The hanger is basically used as a hanger in wardrobes while user can use it as a hanger stand to hang shoes. User just need to add the removable base to the bottom, and then it would be a hanger stand. This is suitable to use at the door to store the shoes instead of a shoes box. In addition , all parts of the product can be removable and thin, so it is good for flat- package. It helps to deliver the product from a factory or a store to consumer.

自主制作 / Self Study