WAGOTOKU

2018

色鮮やかな伝統文様が描かれている、耐熱磁器の五徳。何も置かれていないキッチンのコンロには無機質さがあり、寂しさを感じていた。機能的で美しい五徳がキッチンのコンロを彩ることで、日々の調理生活が楽しくなる。この五徳は、備え付けの通常の五徳の上に載せることで使用する。それにより今まで不安定な状態で置いていたコーヒーポットなどの鍋底の小さい調理器具を、安定して使用することができる。また五徳としてだけでなく鍋敷きとしても使用でき、調理前・調理中・調理後の3つの場面で活躍する。

I felt loneliness and inorganic in the stove of the kitchen. The functional and beautiful gotoku colors kitchen stove, making daily cooking life fun. This Saigotoku is used by placing it on the ordinary virtue of the installation. This makes it possible to stably use small cooking utensils such as coffee pots that were placed in an unstable state so far. It can be used not only as a goddun but also as a pan spread, and it is active in three scenes before cooking, during cooking and after cooking.

Award : 2回 CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 2018 入選
Produce : 224 Porcelain

 

 

CHIRI hourglass

2018

石川県羽咋市にある、日本で唯一の車で走ることができる海岸「千里浜なぎさドライブウェイ」。 海流や地形などの自然の偶然が重なって、流れ着いた砂が細かく均質になる。その砂の大きさは通常の四分の一ほどであり、美しい砂の形状をしている。その砂を利用し、砂時計としてリデザインした。

Ishikawa Prefecture Located in Hakui-shi, Ishikawa Prefecture, it is the only coastal coast that can run by car in Japan “Chirihama Nagisa Drive Live”. The natural accident such as ocean current and topography overlap, the sand which has arrived gets fine and homogeneous. The size of the sand is about a quarter of the usual, and it has a beautiful sand shape. I exploited the characteristics of the sand and redesigned it as an hourglass.

Client : ボランティア団体ソレイユ / 羽咋市 / 道の駅のと千里浜
Produce : 金子硝子工芸

 

CHIRI brooch

2018

石川県羽咋市にある、日本で唯一の車で走ることができる海岸「千里浜なぎさドライブウェイ」。海流や地形などの自然の偶然が重なって、流れ着いた砂が細かく均質になる。その砂を食べても安全な接着剤で固めて、羽咋市名物の形をしたブローチにデザインした。

石川県羽咋市には日本で唯一、車で走ることができる海岸「千里浜なぎさドライブウェイ」があり年間80万人以上が訪れるが、なかなか地元の経済の寄与に結びついていない。そして現在、千里浜海岸は「羽咋市の町おこし」「千里浜のゴミ問題」「千里浜の浸食」という3つの大きな課題を抱えている。そこで、「CHIRI」と冠しプロダクトブランドを展開し、千里浜の砂を使ったお土産を生産・販売することを通して、3つの課題を周知し解決しようと考えた。

A product made from the sand at Chirihama beach, where natural accident such as ocean current and topography overlapped and flowed. In Hakui City, the only one in Japan is the coast “Chirihama Nagisa Driveway” that can run by car, over 800,000 visitors a year, but it has not been linked to the local economic contribution quite often. And now, the Chirihama beach coast has three big tasks: “Revitalizing the Hakui city”, “Garbage problem”, “Erosion”. Therefore, I thought that I would like to contribute to the community by disseminating and solving three problems through producing and selling souvenirs using the sand at at Chirihama beach. Then, we launched a product brand that is “CHIRI”.

Client : ボランティア団体ソレイユ / 羽咋市 / 道の駅のと千里浜

Porcelain Spin

2018

美しい水玉柄や模様を施した、磁器のひねりゴマ。吉田焼の特徴の一つである「搔き落とし」という伝統技術によって、一つ一つ手彫りで模様を付けていく。それにより、このコマは回転すると凹凸に光が反射し、美しい光の輪が浮いてくる。子供でも気軽に遊べるように、良く回る手ひねりのコマにした。急須や湯呑のフタとしても使え、お茶を蒸らす待ち時間などに回して楽しめる。磁器の素材感や造形を追求し、インテリアとしても映えるように設計。

This is a porcelain spin made by the traditional techniques of Kakiotoshi, Yoshida-yaki. Kakiotoshi is a technique unique to draw polka dot. It makes the spin beautiful design and texture unique. The craftmen scrape off a single circle from the color soil using a drill. This technique of “Kakiotoshi” is used to put beautiful polka-dot patterns on the spin. The spin can enjoy a different pattern from the stationary state by spining. You can enjoy this time to steam tea as a lid of a teapot.

Produce : 有限会社副千製陶所

 

 

 

 

星空の根来塗り

2018

根来塗の特徴である頑丈さや、使うごとに変化していく美しい経年経過を活かした食器。道の駅ねごろ歴史の丘のカフェで使う食器なので、道の駅の近くにある根来寺の大塔に注目し、その特徴を取り入れることで地域性を汲み取った。この大塔は初層の平面が方形・上層が円形で作られており、同じように食器の底面を方形・上面が円形にすることで、シンプルで地域性のある美しい食器に仕上げた。さらに、本来は根来塗とは黒漆による下塗りに朱漆塗りを施すが、本提案は白漆による下塗りに黒漆塗りを施す。それにより使うたびに表面に塗られた黒漆がすり減り、下地に塗られた白漆が模様のように現る。そして根来寺の星まつりのように、夜空に輝く星が見えるデザインに変身する。

Dishes that combine the features of Negori painting and the main tower of Negoroji are our proposal. First of all, it was about the dishes we serve at the cafe of hill of historical hill of the Road Station, so I began with designing things that convey the charm and atmosphere of this area. Therefore, attention was paid to Negoro Temple which is the concept of the station on this road and thought that regionality is born by incorporating the characteristics of the National Treasures and the Great Tower. This large tower called “multi treasure tower” is a double-storied tower, with the first layer’s plane being square and the upper layer circular. And utilizing the features of this large tower, the bottom of the cup and square of the cup for roll cake etc. is square (square), the top is circular. As a result, a simple and beautiful design was born, finished in dishes with regional characteristics. 

Client : 一般社団法人紀州文芸振興協会、道の駅 ねごろ歴史の丘

 

 

tamahagane_vase

2018

奥出雲の原風景の一つである棚田からインスピレーションを受け制作した、一輪挿し。形状は遠くから見ると球体のように見えるが、近くから見ると棚田のように段差がついており光の陰影や奥行きを楽しむことができる。この玉のカタチは玉鋼の語源の一説である、人間の拳大に割られた鋼を「玉」と呼称していたことに由来している。球体にすることにより、静かな存在感と花を引き立てるシンプルさを両立した。素材としては純粋で錆びない玉鋼を使うことで、割れにくく花にも人にも優しい一輪挿しができあがる。玉鋼の原材料である「砂鉄」を採取するために山を丸ごと切り崩し、奥出雲の美しい棚田はその跡地で作り上げられたものであった。

This was a single vase inspired by rice paddies, one of the original landscapes of Okuzumi. Although the shape looks like a sphere when looking from afar, you can enjoy the shadow and depth of light with a step like the rice paddies when viewed from a nearby point. The shape of this ball is derived from the fact that steel which was broken into human fist size is called “ball”, which is a word of the origin of the ball steel. By making it a sphere, it gave us a quiet presence and simplicity to complement the flowers. As for the material, it is assumed to use ball steel if procurement is possible, but substitution with iron etc. is also possible. By using pure rustless steel balls, it is difficult to break and creates a gentle single flower for both flowers and people.

Client : 奥出雲横田商會  /  奥出雲記憶造形プロジェクト   最優秀デザイン賞

 

Baby Bosai Bag

2017

BEAB BAGとは、赤ちゃんのための防災バッグ。東日本大震災や熊本地震でも避難所ではオムツやミルクが不足し、特に地震大国の日本において赤ちゃんのための防災バッグの必要性が明らかになっているが、赤ちゃん用の防災バッグは未だにない。そのために、被災時に赤ちゃんを連れて避難した時を想定した、赤ちゃんとパパママが安心して過ごすことができる防災バッグをデザインした。このバッグの最大の特徴とはベビーベッドに変形することであり、避難所でも赤ちゃんが快適に過ごせる。 避難所のような忙しい場所では、囲いのある場所で寝ることで周囲の騒音や埃から赤ちゃんを守り、蹴られる可能性を減らす。中には赤ちゃんが避難所で過ごすためのオムツやミルクなどの必需品が収納されており、救援物資が届くまでの間を安心して過ごすことができる。

An emergency bag designed for babies & parents. The reason I design this bag is that it always happens a shortage of baby supplies when a natural disaster occurs, but there is no emergency bag for babies on the market. Thus, this bag would help babies and parents to improve their life in the emergency situation. The main feature of the bag is to turn into a cot. In busy place like a shelter, it is better to sleep a baby in a place with a wall such as a bed. Parents can protect their babies from surrounding noise and dust and can reduce the possibility of kicking or hitting them.

自主制作 / Self Study
2017  OpenIDEO New Life Challenge, Shortlisted
2017  ANA Wonderfly 003, Prize Winner

 

 

 

 

TRID

2017

TRIDは揺りかご・バウンサー・椅子という3つの機能を持つ、生まれてから大人になるまで使用できる家具です。この家具には機能に応じた2つの異なる「そり」があり、快適な揺れと座り心地をもたらします。 この曲率は急な「そり」は体重が軽い人にとって快適である一方、緩やかな「そり」は体重が重い人にとって快適であるという研究に基づいています。 この家具はシンプルなツールで、簡単にさまざまな形に組み立てることができます。また使用しないときはフラットにすることができるので、結果的にコストとスペースを節約できます。 つまり、TRIDとは子供の成長過程に適した形に変形することにより、継続的に利用できる多機能家具です。

TRID, transformable furniture that can be used from birth to adulthood, with three different functions: cradle, bouncer and chair. It has two different rockers which give the user comfortable swinging movements and seating experiences. These curvatures are based on the research that a sharper rocker is comfortable for people with a smaller build while a more gentle rocker is comfortable for those with a larger frame. This furniture can be assembled in various shapes by yourself with a hex key, so this can be kept flat when not in use, saving cost and space for replacement. Therefore, the TRID is a multifunctional piece of furniture which can be continuously utilized by changing the application to the one suited to the growing process of a human.

自主制作 / Self Study
2018  ASIA  DESIGN AWARD 2018, Winner
2017  RADO STAR PRIZE 2017, Shortlisted