星空の根来塗り

Consumer Product, Works

2018

根来塗の特徴である頑丈さや、使うごとに変化していく美しい経年経過を活かしつつ、地域性を汲み取ったコンセプトをもつ食器。道の駅ねごろ歴史の丘のカフェでお客様にお出しするための食器なので、この地域の魅力や雰囲気が伝わるものをデザインするところから始めました。そこで、この道の駅のコンセプトである根来寺や大塔の特徴に注目し、取り入れることで地域性が生まれると考えました。この大塔は初層の平面が方形、上層が円形で作られています。そしてこの大塔の特徴を活かし器とカップの底面が方形に、上面が円形にすることで、シンプルで地域性のある美しい食器に仕上がりました。さらに、本来は根来塗とは黒漆による下塗りに朱漆塗りを施しますが、本提案は白漆による下塗りに黒漆塗りを施します。それにより使うたびに表面に塗られた黒漆がすり減り、下地に塗られた白漆が模様のように現れます。そして根来寺で行われている星まつりを表現する、真っ暗な夜空に輝く星が見えるようなデザインになりました。

Dishes that combine the features of Negori painting and the main tower of Negoroji are our proposal. First of all, it was about the dishes we serve at the cafe of hill of historical hill of the Road Station, so I began with designing things that convey the charm and atmosphere of this area. Therefore, attention was paid to Negoro Temple which is the concept of the station on this road and thought that regionality is born by incorporating the characteristics of the National Treasures and the Great Tower. This large tower called “multi treasure tower” is a double-storied tower, with the first layer’s plane being square and the upper layer circular. And utilizing the features of this large tower, the bottom of the cup and square of the cup for roll cake etc. is square (square), the top is circular. As a result, a simple and beautiful design was born, finished in dishes with regional characteristics. 

Client : 一般社団法人紀州文芸振興協会、道の駅 ねごろ歴史の丘

 

 

PEEL

Lighting Product, Top, Works

2017

PEELとは、リンゴの皮を剥いている瞬間を切り取ったようなペンダント照明です。リンゴの果肉が電球に、皮の部分がシェードになっているので、間接照明のような光が漏れ出します。つまり、螺旋を描くボティの隙間からライトが隙間から程よい光が部屋を照らします。さらに、隙間が均等に上下左右に開いていることにより、熱がこもりにくい構造になっています。ボティ・電球・ソケット&コードの三種類のパーツからできており、アセンブリも非常に簡単です。材料に関しては、シェードになるボディはアルミニウムから作られています。アルマイト加工をすることにより、アップルメタルの光沢と美しい色を出しています。

The concept is a pendant lighting that cuts off the moment when an apple skin is peeled off without cutting it on the way. Since the part of the peel of the apple has become a shade, it leaks light like indirect lighting. In other words, the light from the gap of the spiral shade, gently illuminates the room. Furthermore, as the gap is evenly opened up and down, left and right, the structure is such that heat is not likely to stick. This lighting consists of three kinds of parts: shade, bulb, socket & cord, and the assembly process is very simple. The shade is made from aluminum as it is soft to bend and ease to processing metallic. The aluminum plate is bended with a bending roll machine, to make the spiral of this shade. In addition, the aluminum is processed as alumite treatment to make vivid red like an apple peel on the surface.

自主制作 / Self Study
Hirosaki Apple Design Award 2017 入選 / Shortlisted

 

 

AMAGU

Consumer Product, Works

2017

反射材への「テクスチャープリント技術」を利用した、おしゃれな雨具「AMAGU」の提案。AMAGUとは、レインコートや傘の反射材にテクスチャーをプリントした、ファッショナブルな雨具です。AMAGUには「雨具としての高いファッション性」、「光源に反応して光る機能性」、「夜間でも使える安全性」という3つの特徴があります。雨の日や夜間にも、インスタ映えするような素敵な写真を撮ることを可能にします。反射材の性質を生かしたAMAGUは、楽しさとともに、雨の日の日常に新しい体験をもたらします。

Proposal of fashionable rain gear “AMAGU” using “texture printing technology” to reflective material. AMAGU is a fashionable rain gear that printed texture on the raincoat and umbrella reflective material. AMAGU has three features: “high fashion as rain gear”, “functionality to shine in response to a light source”, “safety that can be used even at night”. It makes it possible to take nice photos like instant shooting on rainy days and evening. Utilizing the properties of reflective materials, AMAGU brings a new experience to the everyday of rainy days as well as enjoyment.

Client :  八欧産業株式会社(2017年度東京ビジネスデザインアワード

 

BEAB BAG

Bosai, Top, Works

2017

BEAB BAGとは赤ちゃんのための防災バッグです。東日本大震災や熊本地震でも避難所ではオムツやミルクが不足し、特に地震大国の日本において赤ちゃんのための防災バッグの必要性が明らかになっていますが、市場には赤ちゃん用の防災バッグは未だにありません。これは被災時に赤ちゃんを連れて避難した時を想定しており、赤ちゃんとパパママが安心して過ごすことができる防災バッグです。このバッグの最大の特徴とはベビーベッドに変形することであり、避難所でも赤ちゃんが快適に過ごせることです。 避難所のような忙しい場所では、囲いのある場所で寝ることで周囲の騒音や埃から赤ちゃんを守り、蹴られる可能性を減らします。

An emergency bag designed for babies & parents. The reason I design this bag is that it always happens a shortage of baby supplies when a natural disaster occurs, but there is no emergency bag for babies on the market. Thus, this bag would help babies and parents to improve their life in the emergency situation. The main feature of the bag is to turn into a cot. In busy place like a shelter, it is better to sleep a baby in a place with a wall such as a bed. Parents can protect their babies from surrounding noise and dust and can reduce the possibility of kicking or hitting them.

自主制作 / Self Study
2017  OpenIDEO New Life Challenge, Shortlisted
2017  ANA Wonderfly 003, Prize Winner

 

 

 

 

CLIPPENCIL MAN

Stationary, Works

2017

CLIPPENCIL MANとは、楽しい気持ちになるクリップペンシルです。講演会やイベントなどでアンケートの際に使われるクリップペンシルですが、以前から同じカタチで変わっていません。アンケート記入は事務作業で退屈に感じる事が多いです。クリップを人の形状にすることで、アンケート記入を楽しい気持ちをしたいと考えました。内容に合わせた、様々なCLIPPENCIL MANが登場することを想定しています。退屈な作業がちょっと楽しくなる、クリップペンシルです。

CLIPPENCIL MAN is  a clip pencil to feel fun. It is a clip pencil used for questionnaires at lectures and events, but it has not changed since the same former before. The questionnaire filling is often boring in office work. I thought that filling in the questionnaire would make user feel fun by making the clip into the shape of a person. Various CLIPPENCIL MANs are supposed to appear in accordance with the contents. It is a clip pencil that makes the boring work a little fun.

Client : KOKUYO DESIGN AWARD 2017

Glue Glass

Stationary, Works

2017

Glue Glassとは、時間を感じることができる、砂時計の形をした液体のりです。のりがゆっくり流れていくのを眺めていた、幼い頃の思い出からデザインしました。容器にくぼみをつけることで「時間」という概念を与え、液体のりに新しい使い方を生み出します。ゆっくり流れを眺めることで癒しを感じることもできます。時間が流れることに楽しみを教えてくれる、新しい液体のりのカタチです。

Glue Glass is a liquid glue in the form of hourglass to feel time. I looked at the glue flowing slowly, designed it from my childhood memories. By giving a hollow to the container, I gave the concept of “time” and create a new way of using liquid glue. User can also feel healing by slowly watching the flow. Thus, this is a form of a new liquid glue that teaches us the time to flow.

Client :  KOKUYO DESIGN AWARD 2017

 

TRID

Furniture, Top, Works

2017

TRIDは揺りかご・バウンサー・椅子という3つの機能を持つ、生まれてから大人になるまで使用できる家具です。この家具には機能に応じた2つの異なる「そり」があり、快適な揺れと座り心地をもたらします。 この曲率は急な「そり」は体重が軽い人にとって快適である一方、緩やかな「そり」は体重が重い人にとって快適であるという研究に基づいています。 この家具はシンプルなツールで、簡単にさまざまな形に組み立てることができます。また使用しないときはフラットにすることができるので、結果的にコストとスペースを節約できます。 つまり、TRIDとは子供の成長過程に適した形に変形することにより、継続的に利用できる多機能家具です。

TRID, transformable furniture that can be used from birth to adulthood, with three different functions: cradle, bouncer and chair. It has two different rockers which give the user comfortable swinging movements and seating experiences. These curvatures are based on the research that a sharper rocker is comfortable for people with a smaller build while a more gentle rocker is comfortable for those with a larger frame. This furniture can be assembled in various shapes by yourself with a hex key, so this can be kept flat when not in use, saving cost and space for replacement. Therefore, the TRID is a multifunctional piece of furniture which can be continuously utilized by changing the application to the one suited to the growing process of a human.

自主制作 / Self Study
2017  RADO STAR PRIZE 2017, Shortlisted

 

 

Photonic Band

Consumer Product, Works

2017

変形すると色が変わるナノテク素材「フォトニックラバー」を活用した、ラバーバンド。引っ張ったり圧縮したりして変形させると、ナノレベルで粒子間隔が変わり、反射光の波長がシフトすることで色が変わるのです。この素材を最大限活用するために、宝石のカタチからヒントを得て新しい体験ができるラバーバンドをデザインしました。宝石はカットの仕方により輝きが変化しますが、このラバーバンドは自らを変形させることで輝きが変わります。

This is a rubberband utilizing nanotech material “Photonic Rubber” which changes color when deformed. When it is deformed by pulling or compressing, the particle spacing changes at the nano level, and the color changes by shifting the wavelength of reflected light. In order to make full use of this material, I designed a rubberband that can experience new value by getting a hint from a gemstone shape. The gem changes its radiance depending on how it is cut, but this rubberband changes its radiance by deforming itself.

Client : ソフトフォトニクス合同会社

 

CONE

Furniture, Works

2017

これは子供の成長過程に適したものに用途を変えることによって、継続的に利用できるモジュールバスプロダクトです。 長期間使用することができるので、交換のためのコストとスペースを節約するのに役立ちます。 例えば、すべての年齢の子供に対して使用可能であり、子供の成長または目的に応じて最適な高さに変更可能なシートまたはステップとすることができます。 6つのモジュールは同じ場所にすっきりと整然と積み重ねることができるので、使用しないときのスペースを節約することができます。 したがって、このプロダクトは小さなアパートのバスルームで効率的にスペースを使用するのに適しています。

This is a modular bath product which can be continuously utilized by changing the application to the one suited to the growing process of a child.  This can be used for a long time, so it help to save cost and space for replacement. For example, the each products can be a seat or a step which are usable for children of all years and changeable into an optimum height in response to the growth of the child or purpose. The six products can be stacked together neatly and tidy on the same place, saving the space when not in use. Hence, this product is suitable to use space efficiently in a bathroom of small apartment.

Client :  ROCA – Jump the gap 2017

 

PIAXSARY

Consumer Product, Works

2017

実物を閉じ込めるピアノ塗装技術「ピアックス」を活用した、アクセサリー「PIAXSARY」。このPIAXSARYは本物の植物を塗装し、宝石のような輝きを閉じこめたアクセサリーです。現在アクセサリーの素材としては鉱物・金属が多く使われていますが、元来アクセサリーは花や木の実を組み合わせて作られていました。腐ってしまうなどの理由のため、今では本物の植物が使われているものをあまり見ることはありません。しかし本物の花や葉がもっている美しさは、鉱物や金属にも負けません。そこで劣化させず深みが増す「ピアックスボード」の技術を使い、本物の植物のもつ美しさをさらに引き出すことができるアクセサリーをデザインしました。自然を着飾るアクセサリー、それがPIAXSARYです。

This is an accessory “PIAXSARY” making use of the piano painting technique “PIAX” which locks the real thing. This PIAXSARY is an accessory painted genuine plants and confined the gem-like shine. Currently accessories are made of minerals and metals, but originally accessories were made by combining flowers and nuts. For reasons such as getting rotten, we do not see much what the real plants are used now. However, I thought that the beauty that the real flowers and leaves have is not defeated by minerals and metals. I designed the accessory which can further draw out the beauty of the real plant by using the technology of “Piax board” which does not deteriorate and increases in depth. PIAXSARY, accessories that dress nature.

Client : 株式会社ピアックス